きちんと治せる方法があります

考え方を変える

知っておくと良い情報(豆知識やテクニックなど)

うつ病とは、気分障害の一つと言われています。意欲がなくなったり、食欲がなくなったり、眠れなくなったりします。症状は人によって違います。 うつ病の原因は、「ものの考え方」にあると言われています。日常生活で受けるストレスが、うつ病の原因にもなります。ですから、「考え方を変えれば、うつ病の治療につながる」のです。 うつ病の治療の期間も、人によって違います。治療するにあたっては、考え方を「ネガティブからポジティブ」に変えるようにしていきます。これは、病院へ行かなくても、自分で心がけることによって治療ができることです。 うつ病は、ものの考え方一つでならなくても済む場合が多い病気です。このことを、知識に入れておきたいです。

工夫することで得られるメリット

工夫することとして一番にあげられることがあります。それは、やはり「考え方を変えてみること」です。 誰かと話していて、すごくプライドが傷つけられ嫌な思いをしたとします。それが、回数を重ねるとストレスになってしまいます。そして、うつ病への第一歩を踏み出してしまう訳です。 傷ついて嫌な思いをした時、自分自身を責めてしまうということは避けた方がいいです。「あ〜、また言ってるよ。こんなことしか言えないなんてかわいそうな人だ。」くらいに思ったほうがいいです。 明日に何が起こるかなど、誰も知らないです。なので、予定は未定なのです。きっちり考えすぎると、体を壊してしまいます。 この様な考え方で、うつ病にならないです。ちょっとした工夫で、うつ病にならないというメリットがあるのです。