きちんと治せる方法があります

大切なこと

うつ病に対する治療方法

うつ病は、誰でもなる病気です。 ある日家族がうつ病になってしまったら、どうすれば良いでしょうか。 ここでは、その治療について説明したいと思います。 まず、うつ病を診療できる病院には、精神科や神経科、精神神経科や心療内科などがあります。 治療には「ラポール」が大事だと言われています。 ラポールとは、医師と患者がともに信頼しあい安心してコミュニケーションができる状態を表す臨床心理学用語です。 患者が安心して打ち解けられる、信頼できる医師を探すことが重要です。 そして、うつ病の治療には4つの大事な要素があります。 休養と環境調整に薬物治療、そして精神療法です。 患者には、十分な休養をとってもらい、職場や学校や家庭で受けるストレスを軽減するような環境調整が必要です。 薬物治療には、主にSSRIやSNRIといった抗うつ薬が使われます。 こういった薬は飲んですぐに効くものではないので、焦らず継続して飲み続けることが大事です。 また、勝手に量を減らしたり増やしたりすることは症状の悪化を招くので、しないでください。 最後の精神療法は、原因となったストレスを振り返り対処法を学ぶものです。 これが、うつ病の再発防止に繋がります。

患者への接し方について

うつ病になると、意欲減退や憂鬱感、睡眠障害や自殺願望などの症状が現れます。 うつ病の患者のほとんどが死への思いを持つといいます。 なので、周囲の人には慎重な対応や接し方が求められます。 また、死への願望は一番ひどい時ではなく、その前後に起こりやすいと言われていますので、注意しましょう。 うつ病の患者との接し方は、本やインターネットで学んだだけでは上手くいきません。 周囲の人も混乱し、悲しみや怒りに包まれるため冷静になれないからです。 患者の困った言動は、その人のせいではなく、病気がそうさせているのだということを理解し、冷静に対応する必要があります。 また、うつ病の患者は、自分の病気を自覚できないことが多いです。 うつ病と疑われるような言動があった時には、周囲の人からの働きかけが重要です。 決して責めず、治療の必要性について話をすることが大事です。