きちんと治せる方法があります

長期間の治療

うつ病の治療について

うつ病は現代ではとても身近な病気になってしまいました。 現代社会は競争社会であるといっても過言ではありません。 うつ病にかかってしまうと何をするにも無気力になってしまいます。中には起き上がるのさえ辛くなってしまう場合もあります。 こういった人を見ると怠け者と思ってしまうかもしれませんが、うつ病を発症しやすい人というのは本来真面目で責任感が強くて完ぺき主義遮那人なのです。 こういった人たちが競争社会の中で頑張って頑張りすぎた挙句に誠心をやんでしまうのです。 うつ病の治療は一週間や一ヶ月では終わりません。 重症化すると治療には何年もかかることになります。 治療費としては初心が5000円、囲碁診察料が1000円と薬1種類につき1000円ほどになりますが、うつ病の人は働けなくなっている場合が多く、日々に生活にかなりの負担となります。

精神薬以前の歴史について

うつ病の歴史というのはとても古く、実は紀元前からこういった精神的に結う綱気分になることに関しては言及されていました。 皆さんもしている偉人の多くが実はうつ病だったことをご存知でしょうか。 アメリカの大統領リンカーン、イギリスの首相チャーチル、日本では織田信長、夏目漱石、芥川龍之介など、実にたくさんの優秀な偉人がうつ病で悩んでいたのです。 さて、そんな治療の歴史ですが実はこういった精神的な病に効く薬が開発されたのは1952年とつい最近のことなのです。 ではそれ以前の治療とは一体どんな風だったのでしょうか。 こういった患者に施せる治療としては長い間、問診をして患者の悩みを吐き出させることと、とにかく眠らせるという事乃二つだけだったようです。

磁気刺激を受けるには

うつ病を治療する医療機関は多くありますが、磁気刺激治療を受けることができる医療機関は限られています。世界中で磁気刺激によるうつ病への一定の効果が証明されているのですが、我が国ではまだ認可を受けていない治療法です。そのために取り入れている医療機関が少なく、限られたところでしか受けることができないものとなっています。磁気刺激治療を受けるためにはまず医師の診察により適合であると判断される必要があります。頭部に金属が入っている人などは適用外となっており、方法を選択することになります。適合と判断されると注意事項などの説明を受けることになります。1回30分から40分、週に1回から3回のペースで1か月半ほどの通院が必要です。